Bragia

Bragia

Toscana I.G.T

Cru Bragia に使用している Cabernet Sauvignon, Merlot, Sangiovese は、粘土 と砂に加えてたくさんの貝の化石を含む7haの土地に植栽しており、非常 に優雅なワインができます。 Bragiaは、Sangioveseを使用しトスカーナのルーツを守りながらも海外品種 のブドウを取り入れるという挑戦によって誕生したワインです。 多数の品種をさまざまな時期に手摘みで収穫するため、収穫前に毎回1 ヶ月以上にもわたって丹念に剪定を行います。 絞り汁を品種ごとに別々のコンクリート桶で醸造し、ワインの等級ごとに 決められた割合で混ぜ合わせ、フレンチの新樽および熟成樽で12ヶ月熟 成させます。 ダンテの『神曲』に登場する「Bragia」 は古いイタリア語で「炭火」を意味 し、Acheronte 川を渡って死者の魂を運ぶ黄泉の国の渡し守カローンの目 に関係しています。

ブドウ品種 60% Cabernet Sauvignon, 30% Merlot, 10% Sangiovese 栽植時期 1999 年 栽植密度 1ha あたり4800本 栽培方法 コルドーネ・スペロナート 熟成 フレンチ樽12ヶ月 高度 275-285 m 収穫 手摘み、選果

シートをダウンロード

Decanter 2016 “Focussed and firm with clean, crisp juiciness and lovely fruit clarity. Wild fruit and berries on the crunchy, textured and well-integrated palate.” – 89 points – Decanter 2016

 

2017 Jancin Robinson 16,5/20 Vintage 2015 Impenetrable dark ruby with the beginning of orange tinges. There is the Sangiovese spirit on the nose, but held back by the Cabernet Sauvignon and Merlot straightjacket. Complex and herbal. Surprisingly supple without any obvious tannic Cabernet component while Merlot adds a little fruit sweetness. Long and with soft, drying, grainy tannins. (JR) – 16.5/20 – Jancin Robinson